恋愛の主導権を握られてしまった。取り返して追われるようになるには?

恋愛運

「主導権を握って、追われる恋がしたい」と思っていたのに、いつの間にか彼に主導権を握られてしまった。

主導権を取り返して、彼に追われたい。

どうすれば主導権を取り戻せるのか、まとめました。

この記事を書いた人

NONOKO
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

恋愛の主導権を握られるとどうなる?

恋愛の主導権を握られると、辛いですね。

主導権を握られた側の苦悩
  • 彼から愛されているのか、不安で仕方がない。
  • デートをしても、なかなか自分の思うようにならない。
  • 彼からの連絡をいつも待っている。

こんなことが続くと、「恋って、全然楽しくない」と思ってしまいます。

主導権を彼に握られるまでのストーリーとは⁉

あなたの不安とは逆に、彼は「俺が主導権を握っている」と安心しきっています。

あなたから愛され、惚れられていると自覚して、「追われる恋」を楽しんでいることでしょう。

主導権を握られるのは、些細な「期待外れ」がきっかけ。

彼と付き合い始めたころ、誰もがラブラブを期待しますよね。

それなのに、彼は全然ラブラブじゃなくて、なんだか期待外れ。

あれ?返信の内容がタンパクだな。

もっと愛情表現されるかと思ったのに。

デート、あっさり終わった。

もっとイチャイチャできるかと思ったのに、全然してこない。

私に夢中かと思ったら、けっこう男友達を優先するんだなぁ。

などなど。

そんなとき、あなたがつい

なんで返信ないの?

え、その日は会えないんだ…。

会えるかと思ったのに。

みたいな反応をしてしまった。

その不安を受け取った彼は

俺のこと好きだから、不安になってるんだな。

と、あなたの愛情に安心しはじめます。

あなたを不安にさせたら愛情を確認できるとわかった彼は、ますますあなたを不安にさせるような行動をする。

そしてあなたの不安は強くなるという悪循環。

これが彼に主導権がわたっていく流れ。

「愛されてるの?」って不安を彼に伝えてしまう人は、主導権を握られやすいというロジックです。

モテるから主導権を握れるとは限らない

惚れられた側が主導権を握るのだから、「モテる人ほど主導権を握りやすい」と感じますが、実はそうでもない。

全然モテない彼氏が、すごく可愛くてモテる彼女に対して主導権をがっちり握っているケースもあります。

彼女は可愛くて、恋愛経験も豊富で、今までたくさん愛情表現されてきました。

でも、彼は恋愛経験が少ない分、照れくさくて愛情表現が出来ない。

付き合い始めの頃、彼女は「絶対に自分が主導権を握れる」と思っていたのに、意外にも彼からの愛情を感じない。

「何で会えないの?」と聞く彼女。

彼女の不安を聞いて、「こんな可愛い子が俺に惚れてる!」と有頂天になって、ますます冷たくする。

さっき説明した主導権誕生のストーリーそのまんまです。

モテるモテないに関係なく、思い通りの恋愛が進められないことに不安を抱いていると、主導権を握られてしまうと言えます。

もう一度主導権を握るには?

あなたばかりが彼を思っていて、彼はあなたを好きじゃないのかというと、そうではありません。

彼はあなたのこと、とても好きなんです。

それなのに愛情表現をしなかった理由は

  • 自信があってプライドが高い。
  • 恋愛経験が少なくて、女性慣れしていない。
  • 照れくさい。

そんなところです。

好きだからこそ、は不安になるあなたを見て、あなたの愛情を確認している。

ということは、あなたが不安な反応さえ見せなければ、主導権は変わってきます。

具体的に言うと…

  • 彼に予定を合わせ過ぎない。
  • 彼にガンガンLINEしない。

です。

具体的にみてみましょう。

彼に予定を合わせ過ぎない

「今度いつ会える?」とあなたばかり彼に連絡していませんか?

そして、彼は「都合わかったら連絡する」といつものんびり。

こっちは早く予定を立てたくて、他のスケジュール入れずに待っているのに。

でも、そんな彼に

わかったら連絡してね。

予定空けて待ってるから。

なんてLINEしたら、「やっぱり俺のこと大好きだね。」と、彼の自信を強くするだけ。

デートは、彼から誘ってくるまで何もしなくていい。

彼から誘われる前に他の誘いがあれば、どんどんスケジュールにいれていい。

そして、彼が「スケジュール合わない」と言ってきても、反応してはダメ。

彼は、会いたくない訳じゃない。

「じゃあ、別の日を都合つけるね。」と言わせて、あなたの愛情を確認したいだけ。

タンパクに、淡々と「了解!」と一言返せば、「あれ?いつもの反応と違うじゃん?」と急激に焦りだします。

最初のうちは、会う回数が減るでしょうし、焦った彼は、ますます冷たくするかもしれません。

でも、乗り越えれば、いずれは主導権が変わってきます。

彼にガンガンLINEしない

LINEもあなたから彼に、一切おくらなくていいくらいです。

彼から連絡きたときに返信だけすれば十分です。

現段階で、彼はあなたからLINEがくることに慣れているので、LINEの回数も減ると思います。

それでもしびれを切らして、こちらからLINEしないように。

「これ、俺から連絡しなくちゃまずいな」と彼に思わせてOK。

彼の態度に反応しない

主導権を握っている彼は、会っているときにもあなたの不安をあおることもあるでしょう。

でも、絶対反応しないこと。

さっさとデートを切り上げて帰ろうとしたら、「そうね、今日は帰ろう」ってだけ返して、あなたもあっさり帰る。

「え~、せっかく会えたんだから、もう少し一緒にいようよ」とか言わないこと。

彼が別の女性を褒めても無反応を貫く。

最初のうちは、ついつい口から不安や怒りが出そうになりますが、言葉に出たら、また彼が調子にのるだけ。

「一切反応しない」を決めてください。

彼の占めている割合を減らす

あなたは今まで、使える全てのエネルギーと時間を恋愛に向けていました。

その結果、彼に恋愛の主導権を握られてしまった。

これからは、彼と会っていない時間も彼にエネルギーを向けるのをやめましょう。

主導権を握る人の条件として、「恋愛意外にも熱中できるものがある」があります。

彼と会っていない時間は、100%彼のことを頭から追い出して、全然別のことを楽しむようにしてください。

楽しめて、気分転換になれば何でもいいです。

最初のうちは、何をしていても彼のことが頭から離れないでしょうけど、時期に慣れてきます。

最後に

本来、お互いが幸せな恋愛をしていれば、「主導権はどっち?」なんて気にしなくてもいいこと。

どちらかだけが幸せな関係なんて、長くは続きません。

あなたが変われば、彼も焦り、反省して、あなたの不安にして愛情を確認するようなことはやめてくれるはず。

もし、あなたが不安な反応をしなくなったとき、彼は愛情を確認したいがために、さらに不安をあおるようなことをしてくるかもしれません。

そんなときは、バッサリ彼を捨てて、新しい相手をみつけることです。

たまに、失わないと気づかないような男もいます。

散々冷たくして、不安がる彼女を見て愛情を確認してたクセに、彼女を他の男に奪われたら、号泣して「別れたくない」とすがりついた男を知っています(笑)

そんな人は恋愛をする資格なし。

あなたの未来が、素敵な恋愛で満たされますように。

タイトルとURLをコピーしました