恋愛で失敗ばかりする人へ|自爆する前に知りたい対処法と名言集

恋愛運

「私、男を見る目がない」
「また疲れる男を好きになってしまった。」
「いつも不安で疲れる恋愛ばかり」
そう思う事はありますか?

この人を好きになったら辛い思いをしそう。

頭でわかっていても諦めることが出来ないこともあります。

人の心を見抜くプロ、人気占い師が教えてくれた恋愛を失敗する人の特徴・克服法を紹介。

恋愛の名言から学びながら、オススメの占い師も紹介します。

この記事を書いた人

NONOKO
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。




恋愛を失敗する人によくありがちな事

辛い恋に立ち向かってしまう修正

「恋愛とは痛みを伴うもの。」

と決めているかのように無理な恋愛、困難な恋愛へと突き進んでしまいます。

また、ダメ男ばかりを好きになるケースも、困難な恋に当てはまり、たくましく自虐的な恋に向かっていきます。

追っかける恋愛を無意識に望んでしまう

追われる恋よりは、追う恋の方が辛い。

でも恋愛に失敗する人は…

今まで追っかける恋ばかりだったから、今度は追われる恋愛を選んだ。

でも、いつの間にか逆転して、追っかけるようになっていたパターンが多いです。

今度こそ「追われている」と思ったのに、気がつけば追う立場になってた。

またいつものパターン。
どうして私は追っかけてばかりなの?

好きになればなるほど焦りを感じ、失敗へと向かってしまうパターンです。

恋愛に対しての不安が消えない

恋愛に対して、不安がつきまとって疲れてしまうパターンです。

LINEの返信が遅いだけで不安。

会えない時に何をしているか不安。

つい彼のSNS、元カノのSNSをチェックしてしまう…。

小さい事に対しての不安、しなくていい心配をしてしまう。

相手がどんなに誠実で優しい人でも、関係なく自分勝手に不安を抱いてしまうので、疲れてしまうのです。

このパターンは、好きになる相手が誠実でどんなに良い人でも不安がぬぐえなくて疲れてしまうのです。

相手に求めすぎる

ちょっとでも「好き」という言葉が言ってもらいたい。

仕事や友達より、私を優先して欲しいので、友達と遊びに行くと言われたら機嫌が悪くなってしまう。

彼氏に望みすぎてしまう。

自分に自信がない

私の方が好きな気持ちが強いと思うだけで、自身がなくなる。

勝手に元カノと比べて辛くなる。

いつ捨てられるかと不安。

疲れさせたかな。

負担になったかな。

ワガママと思われたかな。

自分が相手にどう思われたかも気になってばかり。

ハンタータイプを好きになってしまう。

最初は熱烈なアプローチされたのに、付き合いだしたらあっという間に冷たくなった…。

そんな経験があれば、あなたはハンタータイプの彼にひかれているのかもしれません。

「ハンタータイプ」とは、その名の通り、狩りをするように女性にアタックし、女性が振り向いたら興味がなくなり、次に行ってしまうタイプ。

占い師も「絶対に好きになってはいけないタイプ」と口を揃えます。

女性を落とすまでの過程を楽しむタイプなので、一度でも「落ちた」と感じたら、あっという間に興味が失せていくのです。

この男に関てしては、女性は一切悪くない。

一切かかわらないのが一番です。

あわせて読みたい今日からスグに重い女を脱却する10の法則

恋愛の名言から対処法を学ぶ

松本人志さんの名言

狩野英孝さんが度重なる恋愛トラブルで、芸能界を無期限謹慎したときのコメント。

(恋愛を釣りに例えて…)
狩野(英孝)は釣りが下手なんです。

みんなどんだけでかいブラックバスを釣るかを競ってるのにこいつ(狩野英孝)は『僕めっちゃ連れてますよ』って言って、見てみたら『全部ブルーギルやないか!』みたいな。

こういう人は釣りをしたらダメなんです

釣り堀で釣ってるのがちょうどいい。

恋愛運が悪い…と思ったら、自分の見る目を疑うこと。

自分が好きになる人は、自分には合わない可能性が高いから、あえて、あまり好きではないタイプの人を選ぶようにするのが一番。

ある精神科医のコメント

NHKの番組の中で、タレントの光浦康子さんが

「私はいつも、自分の事を好きになってくれる人ではなくて、自分の事を好きではない人を追っかけてしまうんです。」

と精神科医に相談したときの精神科医の回答です。

自己評価が低い人は、自分の事を好きになる人ではなく、自分の事を絶対好きにならない人に恋をします。

理由は、こんな私を好きになる人は趣味が悪いと無意識に思い込んでいて自分のことを嫌いな人こそ気が合うと認識してしまいます。

自分自身が自分を嫌いなら、自分を嫌いな人と気が合うという何とも皮肉な言葉。

まずは自分を愛する事から。

西原理恵子さんの名言

高須クリニックの院長と年の差恋愛中の漫画家、西原理恵子さんの名言です。

西原さんご自身は、DVの夫と結婚し大変苦労された経験をお持ちです。

苦労から生まれた名言は・・・

いつも間違った男(女)を選んでしまう人は、男(女)を見る目のセンサーが壊れています。

だから失敗の多い人の場合、自分の友達で結婚して一番幸せそうな夫婦から男性を紹介してもらうのが一番でしょう。

自分の恋愛センサーをくるっていると認識。

自分の見る目ではなく、すでにに幸せな結婚をした人の見る目を信じてみる作戦です。

西原さんの名言をもうひとつ。

男(女)選びを失敗する人は、漁場を間違えています。

コンパに行って、既婚者にばかりに口説かれるなら、コンパを漁場にして男(女)を選ばない。

ライブハウスでダメ男(女)と知り合ったのならライブハウスで知り合う男(女)はやめること。

何度も同じ出会い方で失敗するなら、出会う場所、出会い方から見なおすべき。

マツコ・デラックスさんの名言

マツコ・デラックスさんの辛口コメント。

●ダメ男(女)を掴んだのもアナタ。手放すのもアナタ次第。

●簡単にモテるという「いい女(男)の極意」という虫のいい話はない

ダメ男(女)をつかんだとしても、手放すことはいつでも出来る。

恋愛で失敗する人は、恋をつかむときと同じく、手放し方が下手なのかもしれません。

トイアンナさんの名言

ライターとして活躍するトイアンナさんの名言。

「君を守る」という男たちが、いままで1番自分を傷つけてきた

だからこの発言を聞くと、またか、という思いになる。傷つけられるくらいなら、守られなくていいよ。

男(女)がいう情熱的なセリフは要注意のサインかも。

情熱的に、劇場的に燃え上がり、傷つけあい、結果的に「また恋愛で失敗した」というトラウマにつながっていく。

長続きする恋愛は、波のない静かな海のように、静寂なものなのでしょうか。

田口久人さんの名言

作家、「そのままでいい」の著者田口久人さんの名言。

一度返事がないなら嫌われてはいない。
二度返事がないなら興味がない。
三度返事がないなら諦めるしかない。

3度、届かなければ「諦めろ」のサイン。

深い関係になる前に、相手の気持ちに気づいて関係を終わらせる事が出来るなら、辛い恋愛は少なくなるかもしれません。

0号室さんの名言

職業愛妻家の0号室さん。

奥様の事が好きすぎて、奥様への恋心を表した本はベストセラーに。

インスタグラムのフォロワーは15万人を超える人気者です。

余計な事まで知りに行って傷付く必要はないと思うよ

好きになった相手だと、全てを知りたくなり、やたらと詮索して結果傷つくこともあります

知らないことで傷つかずにすむのなら、知らないままにしておくのが一番です。

あわせて読みたい恋愛下手から恋愛上手になる法則とは?

恋愛で失敗ばかりしている友人が言った事

遠距離恋愛の彼に会いに行ったら約束をドタキャンされ、実は遊ばれていた事が発覚。

失恋した直後に劇的に恋に落ちて即結婚するも、3年後に離婚した友人の名言。

「DVD返しに行ってくる」といって一晩中帰ってこない男は信じちゃダメ。

「俺、昔は浮気もしたし、女(男)遊びもしたけどお前に出会ってから変わった」という男(女)はもっと信じちゃダメ。

って、なんで当時の私はわからなかったんだろう・・・

あとから冷静になって考えれば、「あの相手は良くない」とわかるはずなのに、恋愛中はなぜかわからない。

恋愛中でも冷静になれる方法を見つけておくことが大切です。

Twitterで見つけた名言

あわせて読みたい恋愛運がアップするおすすめグッズ

まとめ

恋愛で失敗ばかりのときは…
  • あなたは素晴らしい人で、ステキな恋愛をするのにふさわしい人です。
  • 自分の見る目を疑い、別の人に相手を見てもらう。
  • 恋愛の相手と出会う場所を変えてみる。
  • まずは自分を好きになる
タイトルとURLをコピーしました