山本屋本店と山本屋総本家の味噌煮込みうどんを食べ比べてみた

グルメ




大人気の名古屋めし、味噌煮込みうどん。

星の数ある味噌煮込みうどんのお店の中でも、常に人気店上位を争っている山本屋本店と、山本屋総本家。

名古屋で味噌煮込みうどんを食べようと思った人なら、一度はこの2店舗を比較した事があると思います。

2店舗のうどんを食べ比べて、それぞれの良さをまとめました。

 

山本屋本店の味噌煮込みうどん

過去、私は2回ほど山本屋本店の味噌煮込みうどんを食べた。

2回とも、名古屋コーチン入りを火傷しながら食べた。

名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん 1785円

お店の前には、長い行列。

待ち時間は約1時間ほど。

山本屋本店の良さを上げるとしたら、メニューの豊富さだ。

季節の限定メニュー、通常メニューなど山本屋総本家にはないラインナップがズラリと並んでいる。

通常メニューだけでも名古屋コーチン、スタミナもつ入り、天ぷら(えび)かしわ(親子)きつねと九条ネギ入りなどなど、注文する最後の最後まで頭を抱えて悩んでしまう。

優柔不断な性格の人には酷な決断だ。

そんな豊富なメニューの中で2回とも同じメニューを頼んだ私は、迷ったあげく、注文を聞きに来たお店の人にとっさに出たひと言。

それが「名古屋コーチン!」だったのだ。

山本屋本店 名古屋駅前店

名古屋市中村区名駅3-25-9
第一堀内ビル地下1階

11:00~21:00

山本屋本店のホームページはこちらから

山本屋総本家の味噌煮込みうどん

激うま!山本屋総本家のかしわ入り味噌煮込みうどん
かしわ入り味噌煮込みうどん 1544円

猫舌の人は、思わす鳥肌がたっただろうか…。

そう、味噌煮込みうどんの実態は猫舌にはとても厳しい。

「少し冷めてから食べる」

なんて言おうものならそこら中から、変わり者を見るような冷たい視線が飛んでくる。

このあつあつのうどん。

土鍋のふたを取り皿の代わりにして食べるのだから、最後まで熱い。

メイクがドロドロになるほど汗だくである。

初めてのデートにはあまり向いていないグルメである。

味噌と白身に隠れたままでも、黄身が美しい黄色なのが伝わってくる。

しかし、玉子はまだ食べない。

山本屋総本家でも名古屋コーチン入りかしわ入り味噌煮込みを注文した。

しかし、名古屋コーチンの姿が見えない。

「店員さん、間違ってオーダーしたのかな?」

と疑いながら固い太麺を食べ進めていく。

食べ始めて10分!

ようやく名古屋コーチンにお会い出来た(´ω`*)

皮がしっかりとして脂がのっている。

私はダイエットを忘れた。

山本屋総本家の良い所をあえて上げるとしたら、山本屋本店に比べてゆっくりと食べられる。

店内の雰囲気やテーブルの配置がユッタリとしているからだ。

山本屋総本家 名鉄店

名古屋市中区名駅1-2-1
名鉄百貨店9階

11:00~23:00

山本屋総本家のホームページはこちらから

タイトルとURLをコピーしました