名古屋のひつまぶしランキング上位の西本・備長・あつた蓬莱軒で食べ比べ

グルメ




名古屋めしの代表ひつまぶし。

人気のひつまぶしで常にランキングの上位にいる蓬莱軒・西本・備長で人気メニューを食べ比べました。

それぞれ個性があって美味しく,甲乙つけがたいです。

行列必至の名店でいただいたひつまぶしの食レポです。

 

あつた蓬莱軒のひつまぶし

ひつまぶし第一段は、あつた蓬莱軒。

熱田神宮の境内からすぐにあるお店。

日曜日のお昼時という事もあって、さすがに混んでいた。

待つこと約1時間弱。

私にとっては名古屋で食べる初のひつまぶしです。

あつた蓬莱軒のホームページはこちらから

鰻肝焼き お値段:950円

まずは、鰻肝焼きで一杯。。。

これが香ばしく焼いてありとても美味しいです。

 

ひつまぶしがやってきた!

値段:3,600円。

「お、、、美味しい(´ω`*)」

どのくらい美味しいかと言うと、ひつまぶしを4つに分け、まずはそのまま食べて…、次に薬味を添えて…

続いてお茶漬けにして…

という過程を飛ばして、美味しすぎて全てそのまま食べてしまった。

香ばしくて、もっちりして抜群においしい鰻でした。

特上鰻丼 4,100円

鰻丼(3切れ)2,400円

ひつまぶしのように色々な食べ方を楽しむより、結局そのまま食べるのが美味しい・・・

と言う人に人気なのが鰻丼です。

特上の鰻丼になると、ご飯の中にも鰻が入っていてこれがとても美味しいです。

 

あつた蓬莱軒神宮店

名古屋市熱田区神宮2-10-26

11:30~14:30
16:30~20:30

定休日
毎週火曜日
第2、第4月曜日
(祝日の場合は営業)

あつた蓬莱軒のホームページはこちらから

 

ひつまぶし備長のひつまぶし

2件目のお店はひつまぶし備長。

ひつまぶし備長のホームページはこちらから

選んだメニューは、特上ひつまぶし 5500円。

特上ひつまぶしは、ご飯と鰻がミルフィーユのようになっていました。

「中詰め」と呼ぶそうです。

極上ひつまぶしは、中詰めが更に2段になっていて、ボリューム満点です。

また、あまりにもの美味しさに薬味をつけることなく、お茶漬けにすることなく、一気に食べてしまいました。

香ばしく焼きあがっていて、憎らしいほどに美味しい。

鰻と白飯のミルフィーユを味わいたい方は迷わず、この備長を選ぶと、後悔はない。

ひつまぶし備長

愛知県丹羽郡大口町下小口5-176-1

11:00~15:00
17:00~22:00
※鰻がなくなり次第終了

月曜定休日
(祝日の場合は水曜定休日)

ひつまぶし備長のホームページはこちらから

 

西本のひつまぶし

ひつまぶし 2900円
肝焼き 700円

西本のお店を目指していると、近くの交差点あたりでいい匂いがしてきて、もくもくと鰻の焼ける煙が見えます。

待つこと1時間。
行列です。

店内に入りメニューを見ると、びっくり!

あんかけひつまぶし。

ひつまぶしの3番目の食べ方がお茶漬けではなく、あんかけになっています。

今まであつた蓬莱軒、備長でも、そのまんま食べ続けた私。

しかし、あんかけひつまぶしは食べてみたいという気になりました。

鰻はもちろん、絶品である。

さて、あんかけなるものをかけてみた。

「こ・・・これは美味しすぎる!
 (; ・`д・´)」

私は結局、ひつまぶしの半分を、このあんかけで食べてしまった。

とろっとした独特のたれが鰻ととてもあいます。

あんかけひつまぶしを食べたいなら西本がおすすめです。

ひつまぶし西本

名古屋市東区山口町16-14

11:00~15:00
17:00~20:30

日曜日定休日

うなぎの西本のホームページはこちらから

タイトルとURLをコピーしました