「嫌いになったわけじゃない」ってなに?言葉の裏に隠れた本音とは

復縁

「嫌いになったわけじゃない」と言われて振られた。

これってどういう意味?

復縁の可能性はあるの?

言葉の裏に隠された本音とは?




「嫌いになったわけじゃない」と言って振ったことのある人に聞く。そのときの本音は?

「嫌いになったわけじゃない」ってとても微妙ですよね。

ハッキリ嫌いになったと言われたら諦めようもあるけれど、「嫌いじゃない」ってなんか意味深。

ズルい気もするこの言葉。

「嫌いになったわけじゃない」と言って別れたことのある人の話を聞きましょう。

彼が好きで頑張ってたけど疲れたんです

●お話を聞いた人
Aさん・22歳
女性

「嫌いになったわけじゃない」って言って別れたのは、同じ職場にいた元彼。

元彼は、明るくて社交的で人気者。

女の子にもとっても親切で、紳士的にふるまうんですよね。

女の子が「今日、仕事帰りに●●に寄って帰るんだ」と言ったら、「あ、僕そっち方面行くから、送ってあげるよ」とか、すぐ言うんです。

優しくされた女の子が彼をどう思うかはわかりませんが、私はいつも不安でした。

浮気じゃなくて、ただ優しくしてるだけだから文句も言えなくて…。

社内恋愛で回りに相談できる人も少なくて、いろいろ考えちゃいました。

誰にでも優しい彼に対して、「私以外の女に優しくしないで」って言うの、なんか焼きもち焼いて束縛してるみたいで、言われたら嫌じゃないですか?

悩んで悶々としてるうちに、彼氏と一緒にいるときも楽しくなくなってきて…。

頭の中ではずっと、「他の女の人と一緒のときには、どんな態度なんだろう?」とか考えるようになってきたんです。

彼のことは好きだけど、心が休まらないというか…。

結局、私から彼に別れ話を切り出しました。

彼、すごいビックリしてて「俺、なんか悪いことした?」って言われたから、これまで悩んでたことを正直に話しました。

で、彼が「嫌われちゃったかー!」って言ったんで、「嫌いになったわけじゃないよ」って言いました。

本心はそのまま、嫌いになったわけじゃないけど、心の休まらない恋愛に疲れたんです。

彼から引き留められることもなかったし、そのまま会社の同僚の一人に戻りました。

復縁?

んんんんん…、別れたあと、もし元彼が「離れてみたけど、やっぱり好きだ」とか言ってくれたら考えたかもしれないけど。

元彼、そのあとしばらくして、別の同僚と付き合い始めたみたいです。

そのとき、ああーやっぱりかーって思いましたよ。

優しい人だから、人気あるんですよね。

私はしばらくして、安心できる彼を見つけて結婚しました。

元彼のこと、言葉の通り「嫌い」と思ったことは一度もありません。

彼との付き合いもそこまで長くなくて、お互いにそこまで深い思いもなかったのかもしれないですね。

彼女の期待に応えられなくて…

●お話を聞いた人
Kさん・29歳
男性

当時、希望していた部署に配属されて、やる気いっぱいだった俺。

付き合いだして3カ月くらいの彼女は、とても可愛い子でした。

でも、「どうして会えないの?」とか、「その日は仕事休めないの?」とか聞いてくる子でした。

最初のうちは「ごめんね~、今度埋め合わせするから」なんて言ってましたが、言われる回数が増えてくると… ね、わかるでしょ?

顔とかすごいタイプだったし、デートしてるときは明るくて楽しいんだけど。

彼女のことが重くなってきたというより、「俺みたいに忙しいやつより、もっと時間のある男の付き合った方が彼女のためなんじゃない?」と思い始めたというか。

彼女に「俺たち、もう終わりにした方がいいんじゃない? 俺が彼氏だと、寂しいでしょ」って言ったら、「私のこと嫌いになったの?」って涙目で質問されました。

嫌いになった訳じゃないから。それ、本当だからって言いましたよ。

俺がもう少し時間にゆとりがあって、彼女と会える時間をとれたのなら結果は違っていたのかも。

別れてから、とくに彼女から連絡があるわけでもなく、俺も毎日が忙しかったんで、すぐに彼女のことは思い出さなくなりました。

「嫌いになったわけじゃない」っていう話題なので、久しぶりに思い出したけどね。

家庭の事情で仕方なく…

●お話を聞いた人
Iさん・36歳
男性

僕の場合は不倫でしたね。

しかも期限付き、僕が単身赴任の間だけの関係でした。

期限付きの不倫という仲でしたが、彼女とはなかなか楽しくやってたと思います。

僕も彼女といるのが楽しかったし、節度のある人だったから大人の付き合いができてました。

しょっちゅう一緒にご飯食べて、時間があればお茶飲んで。

でも、やっぱり期限はやってきます。

わかっていたけど、彼女と別れるときは辛かったですよ。

でも、現実問題、きちんと別れておかないと、万が一あとでこじれたら大変ですから。

それで、いよいよ彼女と会うの最後って日に「今日でお別れ」って言ったら、彼女が意外とあっさり「そうね、お別れね」って言うもんで。

なんか、もうちょっと悲しんでもいいんじゃない?って変に未練が出てきて。

「俺、嫌いになったわけじゃないから」って言ったんです。

本音は、彼女からも「私もあなたが好きよ」って言って欲しかったから(笑)

ずるいねー、俺、ずるいわ(笑)

彼女とはそのままですよ。

俺なんかと不倫しなくても、十分幸せになれる子ですよ。

「嫌いになったわけじゃない」が理由なら復縁はできる?

3人の体験談を聞いて、どう思いましたか?

まず、「恨みが募るほど嫌いになってはいない」が本音のひとつ。

3人とも泥沼の別れの中で言っているわけではなく、どちらかというと、あっさりきれいな別れ方。

そこまで関係が深くなく、付き合いの短いカップルのお話ばかりだからかもしれませんが、復縁を考えるほど、情熱的な何かでもなさそうな…。

確かに、この「嫌いになったわけじゃない」って言葉、別れ話がこじれそうなときには言えないセリフかもしれません。

「嫌いになったわけじゃない」は、ソフトで優しい別れ話に使われるようですが、かと言って、ここから「嫌いじゃないならこのまま付き合ってくれてもいいじゃない!」ってすがりつけば、復縁の可能性はどんどんゼロになるでしょう。

どうであれ、別れ話をされたら、1度は冷却期間です。

1度は彼から離れ、本当に彼しか見えないのか、彼でないとダメなのかを考えてみるといいでしょう。

「嫌いになったわけじゃない」の言葉の裏に、「まだ好きだよ」って意味が込められていれば、放っておいても彼はかえってくるでしょうから。

タイトルとURLをコピーしました