付き合う前に体の関係になった人に連絡するにはどうすればいい?

占い師

付き合う前に体の関係を持ったあと、どうやって連絡をとれば自然に恋人のような関係になれるかをまとめました。

この記事を書いた人

NONOKO
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

最初に・付き合う前に体の関係になってもセフレとは限らない

「付き合う前に体の関係になったらセフレになってしまう」とよく言われますが、現実はそうでもありません。

男と女の恋が「付き合おう」と告白から始まり、彼氏と彼女になるというパターンのみで進行するのは10代のときだけ。

20代、30代と大人になるにつれて、単に「好き」という気持ちだけでは片づけられない関係が増えてきます。

特に結婚しないことを選択する人が急増している昨今、男女の恋愛の始まり方もボヤっとしています。

付き合おうという言葉はなく、体の関係から始まり、やがて恋人に発展していくケースは珍しくありません。

だから、もしあなたが、付き合う前に体の関係になったとしても何の問題もありません。

むしろ、ここからあなたが安心して彼を信用し、不安を抱えなくて済む恋愛を展開させましょう。

体の関係のあとの連絡の取り方はとっても重要

まず、彼と体の関係になったのは、あなたが書いた筋書き通りですか?

あなたが彼を誘い、あなたのペースで計画通りに体の関係になったのであれば、ぜひあなたから彼に連絡してあげてください。

そうではなく、彼に誘われ、2人で飲んでいるうちに良い雰囲気になり体の関係を持ったのであれば、出来れば彼からの連絡を待ちたいところです。

彼のペースにまかれて関係を持ち、その後もあなたから連絡を入れるのは、あまりにも彼のペース。

これから恋愛関係を築くにしても、あなたが追う立場になることは間違いなさそうです。

関係のあと彼の態度はどうだった?

あなたは彼からの連絡がなくて、不安になっていますか?

今一度、関係を持つ前から関係を持った後の彼との関係、彼の態度を振り返ってみましょう。

例①
同僚の彼とは、体の関係を持つ前からお互いの存在を知っていて、好意を意識していた存在。
体の関係になったのも自然な流れで、彼からの好意を確信した。
職場恋愛なので、他の同僚も私たちのこと知らないので、まだ堂々と彼女面は出来ない。

上記のような例であれば、数日連絡が途絶えても不安はないでしょう。

例②
1人で飲んでいる時に彼に声をかけられた。
彼と話していると楽しかったし、好みのタイプ。
彼から積極的に口説かれて体の関係になった。
連絡先は交換したけど、彼からの連絡はない。

例②のケースだと不安ですね。

出会って浅い関係であれば、より一層あなたが不安になるのは想像できるはず。

だからこそ、早めのLINE1通でも欲しいところですが、それすら出来ないのは、もしかしたら残念な人なのかも…。

重たい連絡をするのは絶対にNG

大切なのでもう一度書きます。

ベストは、あなたから連絡しないこと。

彼から連絡があるのを待って、そのときに返信しましょう。

特に、重たい連絡をするのは絶対NGです。

重たいLINEとは…

連絡ないけど、私のことは遊びだったのかな…。

不安になって、昨日あんまり寝れなかった。

など。

体の関係を持ったあとで連絡ないなんて、彼がとても冷たいので、重くなるのも不安になるのもすごくわかりますが、その不安を彼に直接ぶつけてはダメです。

恋ってペースと温度を相手に合わせることが上手くいくコツです。

彼がクールダウンして連絡がないときに、熱すぎる気持ちをぶつけるから「重い」ってなります。

CHECK付き合う前に2度の体の関係を持った人でも本命になれる

どうしても彼に連絡したければ…

わかっていても連絡を待つのは辛いものです。

どうしても彼に連絡したい場合、サラッと軽い内容にしましょう。

例えば、彼が次の日、仕事が朝早いのに夜遅くまで起きていたなら

次の日、仕事中寝なかった?

と聞いてみる。

で、彼から返信が来たら、その返信の内容に合わせて返信すればいいです。

スタンプ1個しか返ってこなかったら、あなたもスタンプで返す。

彼から長文がきたら、あなたも長文で返せばいい。

もし、食事をごちそうになっていたら

お礼が遅くなったけど、先日はごちそう様でした。

とっても美味しかったです。

とお礼を一言、入れてください。

このような連絡ならあっさり軽いので、LINEしたところで重くはなりません。

最後に…

何度も言いますが、理想は男らしくびしっと彼から連絡がきて、あなたの不安が一気に解消されること。

初めて体の関係になった女性に好意があれば、ちゃんと大人の男としての器を見せてもらいたいところです。

こんな記事も読まれています。
タイトルとURLをコピーしました